読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット弁慶の勧進帳

「ボケ」っぱなしのニュースに鈍くゆるく、「ツッコミ」を入れていきます。

"ネット回線&プロバイダー変更"ラプソディー その1

 

 

   空白の60日間…。

 

   (自分的には)鳴り物入りで、

   このはてなブログに意気揚々と乗り込んできて、

   さぁさぁこれから書いて書いて書きまくるぞ!!

   そんな希望に燃えていた頃がありました…。

 

   ま、そうならなかった原因半分

   いや7割がた… 

   むしろ9割近くは、自分自身の怠慢であるのは

   間違いないことなのですが、

 

   残った1割弁解に充てさせてもらいますと、

   ちょっとばっかし、

   煩わしい出来事に巻き込まれていたのです。

 

 

   実はひと月ほど前くらいに、

   ネット回線プロバイダー

   変更したんですよ。

 

   これまではパソコンを初めて以来

   ずっとKDDIADSL one」という回線と

   au one netというプロバイダーを利用していたんですが、

 

   この6月終わりあたりで、

   「KDDIのやつ、ADSLやめるんだってよ…」っていう

   面倒事に直面していたのです。

 

   正直言って僕自身は、

   これまでのADSL回線」に関しては何の不満もなく

   このままの現状維持に何の問題もなかったんですが、

 

   今や政治家が言及するほどの話題にまでなった

   「無理やりWindows10にアップグレードする問題」同様、

   企業側勝手な都合で、ユーザー側平穏な日々

   侵され奪われる理不尽な状況になったわけです。

 

 

   KDDIからは、1年近く前からこのアナウンスを叫び始め、

   ここ半年ほど前からは、利用者変更のお願い的なメール

   郵便物が届くようになってきてました。

 

   4月あたりに届いたものはなんと、書留郵便で届けられ

   おそらくこれはADSL終了後に、

   ユーザー側知らぬ存ぜぬを言わせない為の

   用意周到で念入りな下準備なんでしょうね…。w

 

   で、僕自身も、現状維持がベストな状況ではあるのですが、

   強制"窓10化"に抗う人達のように、

   あそこまで企業側食ってかかるような

   ほとばしる若くてアンチな熱量があるわけでもなく、

  

   ま、時代の趨勢に逆らわず、

   ここは光回線的な最先端テクノロジーの波に乗るのも

   致し方無いかなって、スタンスではありました。

 

   実際、KDDIにもauひかり】といった

   光回線系のサービスが有り、

   漠然としながらもいずれは、

   そちらに乗り換えるつもりではありました。

 

   更に言えば、KDDIADSLをやめるって言い出した頃に

   僕の住むマンションで、NTT西日本フレッツ光

   開通したとかっていう知らせも聞いていたので、

   この感じだと、負けじとKDDIの方も、おそらく…多分……

 

 

   そんな浅はかな願いを胸に抱きつつ、

   日々を暮らしてましたが、

   ついぞKDDIから「光」が届くことはなく、

   結局届いたのは、相変わらずの変更の催促だけ…。   

   

   一応、KDDIサイド変更後のプランとして

   新たなサービスを提供し、推奨してくれていたのですが、

   それがもうなんというか的外れというか、

   コレジャナイと言うか…。

   

   なんかね、Wi-Fiなんとかって機器だけをやたら推してきて

   とにかく無線LAN環境しか勧めてくれないんですよ…。

 

   もうスマホ向けユーザー一辺倒というか、

   有線LANケーブルに繋がれたデスクトップパソコンなんて

   まるで眼中にありませんって感じで…。w

 

   ただその件で、ひとつおかしかったのは

   日を追う事にそのWi-Fiなんとかって機器

   値段だかサービス料だかが値下げられたり、

   妙なお徳用クーポンがついてきたりしていたことです。

   

   おそらく食いつきが悪く、

   まるで人気がなかったんでしょうね…。w 

 

 

   それでもあくまでこれは普遍的なサービス推奨なんで、

   当然、KDDIに申しこめば光回線のサービス

   受けられることはまちがいないのですが、 

   なんかこう、肩透かしをくらってしまってるというか…。

 

   さらにはフレッツ光と違って、

   現在住んでいるマンションKDDI系の光回線

   標準装備されておらず、そうなってくると個人での開通

   けっこう大変な工事が必要になることでしょう。

 

   正直、何度かその開通工事見かけたことがあったけど、

   でっかいクレーン車がやってきたり、

   ウチにも来ましたが、周辺住人に挨拶回りしたりと、

   いろいろと煩わしく大ごとなイベントになるみたいでして…。

 

   

   で、そんなこんなのデメリットだらけKDDI継続には

   当然のように嫌気が差し、

   ここに来て、パソコンを始めて以来の長いつきあいだった

   KDDIさんとは、離婚への流れとなりました。

 

   そしてそして、 

   新たな伴侶となったのは、

   もうおわかりでしょうが、度々その名が出てきた

   NTT西日本フレッツ光でした。

 

   やはり自分の住んでいるマンションで、

   すでに光回線開通済みってアドバンテージは魅力的で

   ほぼほぼ迷わず一択的に決定し、

   契約の手続きに入りました。

  

   

   で、本当ならここで、「めでたしめでたし」とばかりに

   ハッピーエンドで終わるはずなんですが、

   実はここまでは、これからはじまる話

   ほんの序章にすぎなかったのです…。

 

   「その2」に続けます。