読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット弁慶の勧進帳

「ボケ」っぱなしのニュースに鈍くゆるく、「ツッコミ」を入れていきます。

"ネット回線&プロバイダー変更"ラプソディー その2

 

  前回までのあらすじ…

 

  と言っても、シンプルに言えば、

  上のタイトルにもあるように

  

    「ネット回線プロバイダー変更しましたとさ…」

  

  って事で終わってしまう話なんですが、 

  これには誤解誤算が重なりあった、

  ブログにして2回分3回分のネタになる出来事だったのです。

 

  

  ま、いちばんの誤算はといえば、それは、

  望みもしなかったネット回線&プロバイダー変更

  余儀なくされたってことなんですけどね…。

 

  正直、以前使っていたKDDIADSL one」

  何の不満不具合もなかったから、

  変更する理由必要もなかったんですよ。

 

  ところが、ところが、

  企業側の勝手な都合で…ね…。

 

  さらに言うならば、僕はこういう変更とか新規登録によって

  立ちはだかる事務的な作業交渉事が、

  本当に苦手好きじゃないんですよ。

 

  だから今回の変更イベント

  決して乗り気ではなかったのですが、

  無慈悲に迫るADSL one」最後の日リミットが近づく中、

  重い腰を上げざるを得なくなってきました。

 

  そして、苦手嫌いってだけもあり、

  僕はこういった件についての

  知識経験もまるでなかったせいか

  おかしな誤解疑心暗鬼に陥ることになって…

 

  たとえばその誤解を例に上げると……

 

  終わりの日が近づく、KDDIADSL one」

  できればのギリギリの30日31日まで

  解約してはいけないと思っていました。

 

  でも、その逆に、

  決して次の月までは契約を続けてはいけない

  そうも思っていました。

 

  これは要するに

  ネット回線利用料金月額月極で、

  月末のギリギリまで使わないと無駄になり、

 

  そして、翌月になっても利用したならば、

  たとえその月の途中で、

  なんだったら、たった一日だけの利用後に解約したとしても

  丸々30日分の料金徴収されると思い込んでいたんですよ。 

    

  しかしその反面、そんな風に月末ギリギリまで粘り続け、

  月明けで即座に新規で契約する回線の手続きを始めても

  やはり諸々の事情でしばらく待たされる

  即ち、ネットの使えない日が続くという緊急事態に…

 

  こうなってくると、

  月極ネット料金無駄にせず、

  かつ、月明けでそれほど待たされること無し

  新たなネット回線開通させるための方策として、

 

  僕が選んだのは最終週の25日くらいに、

  古い回線業者との契約を切り

  その流れで新たな業者との契約を結ぶというものでした。

 

  料金的なダメージをなるべく少なく抑え、

  かつ、インターネットの使えない期間

  極力短くするためのパーフェクトプラン

 

  そう……

  その時はそんな折衷案が最も素晴らしく

  最善の選択肢だと疑っていませんでした…。

 

 

  結論から言いいますと、

  今の(昔も?)ネット回線料金は、月極ではなく

  ちゃんと日割り計算決済してくれるらしく、

  そんな理不尽な料金体系はないようでして…。 

 

  常識的に考えればそうですよね…。w

 

  ネット回線業数社だけの寡占業界なら

  悪辣な談合なり裏取引なりで、

  こんな鬼畜な所業まかり通ったかもですが、

  今のこのご時世じゃ、そんなやり方はデメリットしかない。

 

 

  ま、このへんの情報ネット検索すればすぐわかる事で、

  結局、無知蒙昧な僕は、優しく頼れる検索先輩にその後も

  ネット回線業者の変更のHow toまでレクチャーしていただき、

  目からウロコ落ちまくりで、あっという間に視界がひらけました。

 

  それまでは、とにかく今の回線業者との解約だけが

  最重要事項と思い、話を進めようとしていましたが、

  ネット回線に関して言えば、そんな別れ話なんて二の次三の次で、

  とにかく新たな婚約話を先に進めていくことが正解だったんです。

 

  そして見つけたこの新たなパートナーはすこぶる有能で、

  ウチはいわゆる据え置き型の電話

  KDDIメタルプラス電話」ってのを契約しており、

  それの変更手続きもつつがなく進めてくれました。

 

  僕としてはもっとこう、別れ際において、

  KDDIドロドロとしたやりとりがあって、

  いくらか面倒くさい思いをする覚悟がありました…。w

 

  が、なんのことはないその元カノであるKDDI側への連絡は、

  新たなパートナーが光の速さでウチにやって来る日

  つまりNTT西日本のフレッツ光開通する日の前日に、

  「明日からもう逢わない」って旨の「契約終了」を伝えただけ…。

 

  そしてそれを実際に伝えた電話口でも、

  すでにKDDINTT西日本からの連絡行き届いていたのか、

  こちらへの未練恨み節もなく、ただ、

  「長い間のご利用ありがとうございました。」なんていう感謝の念

  

  望まぬ回線変更によるそれまでのいきさつで、

  少なからぬ疑心不満が湧いていたKDDIに対しても、

  ありふれたこんなテンプレートな最後の言葉にやられて

  妙にわだかまりがなくなり、すっきりとしましたかね…。

 

 

  さぁ、そしてはじまる光回線インターネットライフ

 

 

  に、なるはずだったんですが、

  ここからはいくつかの誤算が発生する第二幕のはじまり…。

 

 

  ですが、

  ちょっと長くなってきたので

  これは「その3」で語ることにします。