読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット弁慶の勧進帳

「ボケ」っぱなしのニュースに鈍くゆるく、「ツッコミ」を入れていきます。

今こそ福島原発周辺を『真・原子力ムラ』に変える時なのでは?

 

 ほんのちょっと前まで【TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)】

 反対を訴えてる人を少なからず見かけましたよね…?

 しかして現実は、その要望通りに新しく就いたアメリカ大統領

 ものの見事にぶち壊してくれました。

 

 それならばその少なくなかった【TPP】反対派は、

 この出来事快哉の声を上げ、喝采乾杯をすればいいのに

 どういった訳かおとなしい…というか、だんまりのまま…。  

 

 ま、さもありなん

 

 安倍政権肝いりであった【TPP】潰しには成功したけれど、 

 その結果、アメリカの赤鬼大統領日米での二国間貿易を進め、

 それが日本の農家や労働者にとって不平等…じゃないですね…、

 現状と比べ、不利益不愉快なものになってしまったら、

 

   「【TPP】反対してた奴、出て来いや~~!!」  

 

  ってことになって反対派への逆風が吹きすさぶこと必至。

 

  そんな、その時々の時勢風向きによって

  自分たちの声ボリューム

  ボルテージを変える卑怯者ばかり…。

 

 

  その最たるものが、福島原発関連で騒いでた連中ですよね…。

   

  最近になってまた「一分弱で死に至らしめる」ような、

  とんでもない放射性物質が見つかったりして、

  いまだ終結のさわりすら見えてこない原発事故の現状

 

  それなのにまぁ、騒がないこと…、盛り上げないこと…。

  原発タレント放射脳文化人どこに行ったんですか?

 

  国政選挙のみならず、お門違い的地方選挙であっても

  必ず「反原発をからめてきた政治家マスコミは、

  いったい何をやってるんですかね…。

 

  とりわけ「反原発飯を食ってる感のあった、

  「山本"反原発"太郎」議員なんてまったくの存在感なし…。

  

  ま、パトロン小沢一郎三行半を突きつけられ、

  「つるむ価値なし」と判断されてからは、

  当然、あのバカみたいな党名から名前を消され、

  マスコミからも「映す価値なし」なランクに落とされてるようで。

 

  おそらくここらあたりの実情は、

  あの「福島出身の生徒に対してのいじめ」

  色濃く反映してるんだろうなって察しできますね。

 

  福島県から来たってことだけで、

  同級生はおろか、教師からも理不尽ないじめ差別を受け、

  とんでない額カツアゲをくらったにも関わらず、

  教育委員会から「自発的におごっていただけ」なんて言われる…。

 

  これが普通っていうと語弊があるけど、

  福島以外の被災地からやってきたってだけのなら、

  こんな仕打ちはおそらくなかったでしょう。

 

  ただ、福島から…。

  あの原発事故のあった福島から来たってことで、

  こういう不条理ないじめにあうという不遇不幸

 

  いじめってのは日本社会の闇というか、

  どうしようない悪意というものが

  根底にあるのは確かなんでしょうが、

  

  それでもそれを助長したっていうか、

  つけこませた間接的ないじめの共犯者が居ることは

  みなさんうすうすお気づきのことでしょう…。

 

  そう、ヒステリックエキセントリック

  しかも非科学極まりない妄言を叫んでは

  福島県を狂ったように貶めていた奴らです。

 

  何の関連もないグルメ漫画で、福島県原発事故の影響

  鼻血を出してる人ばかりだったと言ったり、

  原発付近の土を勝手に「汚染土」レッテル貼りし、

  その土が運ばれた所で頭が痛くなる人続出したと言ったり、

 

  中でも「山本"反原発"太郎」議員は、

  国会で出る弁当「福島産」の材料を使ってるので食べないとか、

  福島県の住人はすべて今すぐ避難させろとか、

 

   「さぁさぁ他府県の皆さん

   福島県民』をみんなで差別しましょうね」

 

  そんな悪意しか溢れてこない言動を繰り返していた。

 

  その結果、このわかりやすくたちの悪い

  福島県出身者」への原発事故」がらみいじめが表面化し、

  かつての「反原発の闘士」様たちは、

  一同にして一様に鳴りを潜めてしまった…。

 

  元よりこの連中は、福島県を始めとする

  あの痛ましき震災の被災者被害者救う気などなく、

  「反原発あるいは「反安倍自民」

  道具燃料に使えればいい、そんな考えだけしか頭になく、

  こんな事態が起こるなんてのは想定外だったのでしょう。

 

  そしてだんまり…。

  そしてスルー…。

 

   

  ただそれじゃ困るんですよね…。

 

  実際最近のあのニュースでも、

  まさに21世紀の今黄泉がえってしまった殺生石のような

  とんでもない放射能デブリ現実問題として

  存在してしまってるんですから。

 

  だからこそこのネガティブな現象を、

  ポジティブにとは言わないまでも、

  アクティブアグレッシブに捉えて、

  事態解決のために動くべきだと思うのです。

 

  状況が状況なだけに、

  どうしても語弊感が拭えない言い方になりますが、

  そこらを了承していただく前提で、

 

  今回のこの福島の原発好機と捉えるのです。

  チャンスであり、

  いい機会に巡り会えたと…。

 

  未曾有の大震災でによる想定外のアクシデント

  万全を期していたはずの原子力発電所

  こともあろうかメルトダウンを起こしてしまった。

 

  こんなこと、当然ことながら度々起こり得ないし、

  また人為的に起こすことなんてできません

  

  暴論妄論を承知で、技術的なことを言うならば、

  これと同様な事象起こし得る可能性

  まったくのゼロじゃないでしょうけれど、

  どう考えてもこんな事象を引き起こすこと

  安全面・倫理面で許されるはずがありません。

 

  理論上可能性はあっても、

  現実的には無理と言うものです。

 

  しかし、不幸にもこの事象が起こってしまった。

  ならば、これを科学者冥利にと考え、

  もっともっと積極的にアプローチをして

  よりいっそうの科学への進化利用し、活用しなければ…

 

 

  とかく、今までの原発事故関連報道情報を見聞きすれば、

 

   「(危険なのに)危険じゃない。」

      

     って言い張る、既得権益政府側御用達

     公務員科学者の官報と、

 

   「(危険じゃないのに)危険だ!!」

 

     と煽り立てる、アンチ自己顕示欲の強い、

     自称科学者のプロパガンダ

 

   それのどっちかの声ばかりだけがデカくて

   事実結果のみしか信じちゃいけない

   本当の「科学者」の声がまるで聞こえてこない。

 

   だからこそもう、

   隠蔽に明け暮れる政府側の労働も、

   捏造に精を出すアンチ側の自己満足排して

   純粋な「科学」によってのみ動く体制を作り出す時。

 

   すなわち、あの痛恨福島原子力発電所中心に、

   ここらあたりの地域本当学術都市」化するのです。

   悪名だけが生産される原子力ムラではなく

   功名が花咲く「真・原子力村」設立するのです。

 

   原子力関連特化した大学研究所

   そしてそれに連なり繋がる技術屋集団

 

   もちろん国の援助必須だし、

   民間の参入も基本制限なし

 

   当然グローバル門戸を広げ、

   世界規模のレベル原子力に向き合う

   「アトミック・ユニバーシティ」 

 

   ある程度知識常識必須でしょうけれど、

   いちばんはこの難関立ち向かう勇気覚悟

   それさえあれば、偉大なるノーベル賞受賞者だろうが、

   変人扱いされてる町のおもしろ発明家だろうが関係なし。  

 

   危険ならその危険とことんまで探り、見極める。

   そしてその結果に基づいた安全神話なら

   説得力も増すでしょうし、

   そこから更なる原子力の解明が進むことにもなる。

   科学発展し続けてこその科学でしょう。  

 

   隠そうとしても隠しきれてない

   グダグダな隠蔽工作をしているよりも、

   暴く気解決する気もなく、  

   自己満足のための捏造に騒ぐ茶番を続けるよりも、

 

   まさに生産的で建設的なステージ

   満を持して昇華する時なのでは?

 

 

   「チャイナ・シンドロームっていう言葉があって、

   これはアメリカ原発メルトダウン(スルー)を起こすと

   その反対側に在る(実際はちがいますが…)中国まで

   ぽっかりとが空いてしまうっていう空想科学

 

   今、福島原子力発電所ではまさに

   メルトスルーによって穴が空いている状態だそうで…。

   

   チャイナ・シンドロームに言えばこの場合、

   「ブラジル・シンドロームになるんでしょうね。

 

   記憶に新しいリオオリンピック閉会式

   安倍"マリオ"晋三首相あの土管を通って、

   直通ブラジルに向かわれてました。

 

   しかし原発絡みとなるとこの直通シャレにならない。

   某芸人さんのあのギャグ笑えなくなる話になります。

 

   ただ僕のイメージとしては、

   原子力プルトニウムから冥界の王プルートに進み、

   その日本版黄泉の国が連想されます。

 

   かつてイザナギ亡き妻イザナミに逢いに行くために

   黄泉の国へと向かったがえらい目に合わされ

   ほうほうの体で再びこの現世に帰ってくるってお話。

   

   そんな日本神話に親しんだ僕としては、

   ブラジルに続く空想科学よりかは

   あの世への穴が開いたって方がしっくり来る。

 

   で、その話のクライマックスで、

   怒り狂って追いかけてくるイザナミ

   こちらの現世に来れないように

   イザナギ黄泉へと続く道へのを塞ぐシーンがあります。

 

   この時の穴を塞いだ石「千引の石」と言い、

   千人で引くほどの大きい石って意味があるそうですが、

   それ以外でも「血引き」

   即ち生け贄で塞いだって言う

   まさに血なまぐさいバージョン話もあるようで…。

 

   今の世の中では、人身御供なんて言う

   不条理不合理選択肢はさすがにありえません。

  

   だからココはむしろ。

   「"血"引き」ではなく

   知恵知識知力知性で、

 

   まさに「"知"引きの意思」によって

   あの黄泉へと続きかねない穴塞ぐ方策

   急務じゃないでしょうか…。

 

 

   あと、昔に他所で書いた

   原子力発電所と黄泉」を絡めた

   おとぎばなし的なブログを良ければ…。

 

   

ch.nicovideo.jp